【WPプラグイン】「Seriously Simple Podcasting」に新機能!アイキャッチとは別にカバーアートを設定できるようになったよ📷

my secret plan to rule the world bookTips
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

当ブログはWordpressで運用しています。
ポッドキャスト配信用のプラグインとして有名なSeriously Simple Podcasting、 2021年2月22日にアップデートされたバージョン2.6.0でアイキャッチ画像とは別にカバーアートが設定できるようになりました👏

スポンサーリンク

ブログのアイキャッチ画像とは別にカバーアートを設定できるようになった

Seriously Simple Podcastingでホスティングしている方なら分かるかな、と思うんですが、
バージョン2.6.0以前では、ポッドキャストのカバーアート(正方形のサムネイル画像のこと)がブログ記事のアイキャッチ画像が真ん中から正方形に切り取られる形で自動生成されていました。
このため、真ん中から正方形に収まるようにアイキャッチ画像を作らないとポッドキャスト上で見た時に文字などがはみ出したり、ものすごくバランスが悪くなったりしていました。

ブログのアイキャッチ画像が切り取られて不格好

かといって、正方形に切り取られるポッドキャストのカバーアートのためにブログのアイキャッチ画像を作ると、 今度はブログ上で表示される画像が不格好になってしまいます。

しかし、今回のバージョン2.6.0ではブログのアイキャッチ画像とは別にカバーアートを設定できます!

個人的にAnchorなどでは各エピソード毎にカバーアートを設定できる項目があるのに、
どうしてできないんだろう、と思っていたので嬉しい!

Seriously Simple Podcastingでカバーアートを個別に設定するには

やり方はシンプルです。

いつもの投稿画面で、「ポッドキャストエピソードの詳細」欄のポッドキャストファイルのすぐ下、 『新しい画像をアップロード』ボタンを押し、カバーアートに設定したい画像をアップロード・設定するだけ!

Your podcast cover image – must be square (minimum size of 300×300 px).
とあるように、必ず最低でも300×300ピクセル以上の正方形の画像を設定してくださいね!

ブログ用アイキャッチ画像と別に画像を用意するのが手間⚠

ブログのアイキャッチとは違う画像をカバーアートに設定できるのは便利✨

ただし、別で正方形の画像を作成・用意するのはちょっと手間ですよね😅
そんなときはcanvaがおすすめ!

ポッドキャスト用のテンプレートがたくさん用意されているので、
誰でも簡単に、かつ時短でカバーアートが作れちゃいますよ✨

コチラのリンクからcanvaに登録するとプレミアム素材がもれなくもらえちゃいます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました